日  時  2019年2月16日(土)14:00~16:30 (受付 13:40~)

 

開催場所  早稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンター 3階

              レクチャールーム1

講  師 保田 尚邦 氏

            伊勢崎市民病院外科診療部長

              兼 がん診療総合センター棟統括部長 

参加者

66名(講師・スタッフ含)

回答者数

42名

 (男性16名、女性26名)

回収率

63% 

 

ご講演中の保田尚邦先生

堀口昇男(のりお)先生(GHWの会相談役、群馬大学医学部消化器・肝臓内科/肝疾患センター 病院講師)の司会のもと、保田尚邦先生への質疑応答が行われました。

GHWの会の関係者と講師の記念撮影

前列左から

堀口昇男(GHWの相談役、群馬大学医学部消化器・肝臓内科/肝疾患センター 病院講師)、小林隆(GHWの会代表幹事)、保田尚邦(今回の講師、伊勢崎市民病院外科診療部長、兼がん診療総合センター棟統括部長)、納富信(GHWの会相談役、早稲田大学大学院環境・エネルギー研究科教授)

後列左から

野中潤(GHWの会、前幹事)、日向一正(GHWの会 幹事)

 

 

 

本日のGHWの会感想

 

 

 

・あきさせない素敵な講義で感動しました。

 

 

 

・楽しく勉強することが出来ました。最新の手術法など知ることが出来良かったです。

 

 

 

・大変ユーモアのある話、企画。有意義に聞くことが出来ました。ありがとうございました。

 

 

 

・ふだん分からない細かいことを教えていただき大変参考になりました。

 

 

 

・今回の講演会の内容は聴講者を中心とする説明で、スライドの内容も音楽を入れわかりやすかった。

 

 

 

・とても分かりやすかった。

 

 

 

・とても勉強になりました。

 

 

 

・わかりやすくて良かったです。ありがとうございました。

 

 

 

・とても良かったです。ためになりました。ありがとうございました。

 

 

 

・自分で大腸がん手術を受けた身なので納得しました。

 

 

 

・大変よい講演でした。もう少しだけ照明を暗くしていただけるとスクリーンが見やすかったです。

 

 

 

・私は大腸内視鏡検査を4回もやっているのでとても理解できました。ただ4年連続ポリープを切除してもらいましたが、5年目の検査では腸の内部が非常にきれいになっていてOKでした。でも不安が残っています。

 

 

 

・分かりやすかったです。健康だと思っているので思い込みは良くないですね。ありがとうございました。近くに良い病院(伊勢崎市民病院)があるので安心です。

 

 

 

・大腸がんの予防に気を付けたい。

 

 

 

・とても分かりやすく説明していただき、自分の体は自分で守ることを再認識させていただきました。

 

 

 

・講師の先生が素晴らしく、分かりやすく話してくださいました。

 

・先生の話が分かりやすく聞くことが出来ました。

 

 

 

・現場の最新のお話、大変参考になりました。快適な日常を送れるようにできる予防に努めたいと思います。ありがとうございました。

 

 

 

・大変勉強になりました。

 

 

 

・楽しく聞けました。

 

 

 

・とても楽しくわかりやすく、お話良く分かりました。

 

 

 

・楽しい語り口でリラックスして拝聴できました。スクリーンをもう少しはっきり映してください。

 

 

 

・スライドが見えづらかったのが残念でした。伊勢崎市民病院へ行こうと思いました。次回の講演会も楽しみになりました。1つ1つ質問に丁寧にお答えいただいてありがとうございます。

 

 

 

・分かりやすくとても良かったです。私も便潜血で内視鏡を受けました。小さいポリープがあり取っていただきました。1年おきに検査しようと思います。保田先生の声質や話し方もとても分かりやすいです。また、選曲もグッドです。また機会がありましたら聞きたいです。

 

 

 

・大変有益なお話でした。

 

 

 

・わかりやすい

 

 

 

・胃腸をいつも気にしていたので勉強になりました。

 

 

 

・がん手術の話の後、大腸がんにならないために心がける事、なったらどう治すか?スライド等を使って分かりやすく説明ありがとうございました。

 

 

 

・大腸がんになりましたら保田先生にお願いいたします。

 

 

 

・勉強になりました。分かりやすかったです。

 

 

 

・大腸がん検診の大切さを改めて感じました。内視鏡検査も受けようと思います。

 

 

 

・大腸がんの検査しっかり受けようと思いました。とても参考になりました。

 

 

 

・すごく良い刺激となった。ぜひ検診を受けようと思う。

 

 

 

・とても参考になりました。医師との情報交換で自分に最適な治療を受けられるように心がけていきたいと思います。

 

 

 

・自分も8年前大腸がんの手術を受けまして、今日のお話を10年前にお聞きしたかったと反省いたしました。

 

 

 

・分かりやすくて良かった。

 

===========2019年2月16日 講演会報告 終わり==========================

 

 

 

 

 

日時: 2018年3月10日(土) 14:00 ~16:30

場所: 早稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンター3階

    レクチャールーム1

講師: 片山 和久 氏

    伊勢崎市民病院 外科診療部長 災害医療チームDMAT

講演: 乳がんの早期発見と最新治療

要旨:  近年、増加の一途の乳がん。多くの著名人も自身の乳がん体験をカミングアウトしており、とても他人事とは思えないですよね。ところで乳がんってどんな病気なんでしょうか?何となく得体の知れないもので怖いから知りたくない、、、なんて考えていませんか?これはダメな考え方ですよ。

 

 

現在前橋市在住 

 

昭和39(1964)栃木県足利市生まれ。

 

学歴

 

昭和58(1983)群馬県立桐生高校卒

 

平成3(1991)国立弘前大学医学部卒

 

平成12(2000)国立群馬大学医学部大学院卒

 

職歴

 

群馬大学医学部附属病院、さいたま赤十字病院 等勤務

 

平成13(2001)より伊勢崎市民病院勤務

 

現職:外科診療部長 災害医療チームDMAT

 

参加者数、アンケート回答者数

 

 

 

 

 

参加者

78名(講師・スタッフ含)

回答者数

41名

回収率

52.5%

 

 

 

 

 

 

アンケート回答者について

 

1.性別

2.年令

3.この講演会をとうやってしりましたか?

  (複数回答可)

4.GHWの会への参加回数

 

本日のGHWの会への感想

 

 

・市民病院のスペックが知れて良かったです。ありがとうございました。

 

 

 

・わかりやすい説明をしていただきとても良かったです。

 

 

 

・住所に近い処で講演を聞けるのは大変うれしいです。大病院の立派な先生にお話していただけ勉強になりました。

 

 

 

・とっても乳がんについて考えさせられました。普段日常の過ごし方にいろいろな影響のあること。病気になった時どう対処したらよいかをもう少し教えて欲しかった。

 

 

 

・わかりやすく詳しくお話くださりありがとうございました。

 

 

 

・乳がんと最新の検査や治療法を教えてもらえました。とても参考になりました。ありがとうございました。

 

 

 

・大変良かったです。がんになっても慌てないというお話が特に良かった。

 

 

 

・とても分かりやすく最新の情報もいただき、いろいろ参考になりました。聞き取りやすい話し方、声で良かったです。

 

 

・とても勉強になる講演をありがとうございました。病院に勤務しています。埼玉県は乳がんの検診率が低く、罹患率が高いということなので、自分自身体調面に気を付けながら患者さんへの理解につなげていきたいと思います。

 

 

 

・大変分かりやすくお教えいただきありがとうございました。

 

 

 

・医学校のような講義を拝聴で来て貴重な学びのひとときでした。市川海老蔵の妻のように、私のママ友のように、生命をかけて教えてくれている方が身近にいるのですから、やはりがん検診しなくてはいけない!と改めて感じました。

 

 

 

・大変聴きやすく理解できるように話してくださり、良かったです。

 

 

 

・大変参考になりました。

 

 

 

・パネルがもう少し大きい方が良かった。

 

・大変良かった。

 

 

 

・大変良かったです。わかりやすい説明でした。

 

 

 

・以前検診で引っかかったことがあったので、今回参加させていただき、貴重なお話を聞くことができ良かったです。

 

 

 

・非常にわかりやすかった。

 

 

 

・良かったです。

 

 

 

・最初は不安な気持ちで参加させていただきましたが、聞いているうち心が和み落ち着いてきてやはり参加して良かったと思いました。ありがとうございました。

 

 

 

・説明がわかりやすかった。

 

 

 

・乳がんと遺伝について難しい内容もありつつ説明をきけて良かったです。

 

 

 

・乳がんについてその他のがん、病気について詳細を知ることができて良かったです。

 

 

 

・まさに片山先生の元で現在治療中。改めて、病気のことを再認識し、完治に向けて頑張りたいと思いました。

 

 

 

・大変参考になりました。

 

 

 

・非常に参考になりました (難しいこともおおくありました)

 

 

 

・癌について分かりやすい話の内容で検診含めて自分の生活を振り返ることができました。ありがとうございました。

 

 

 

・非常にわかりやすく乳がんだけでなく幅広い角度から癌に関する知識を教えていただき感謝します。

 

 

 

・わかりやすく良かった。

 

===========(2018年3月10日の会についての報告 終わり)==============

 

 

 

日時: 2018年1月20日(土)14:00~16:30 (受付13:40~)

 

テーマ:  地球環境問題と生活・健康リスクの関係

      ~気候変動・エネルギー問題を中心に

 

 

講師: 納富 信 (のうとみ まこと)氏

    早稲田大学 大学院環境・エネルギー研究科 教授

     (注: 本庄キャンパスにある研究科です)

 

専門: エネルギー工学など機械系を基本とした熱・エネルギーおよび環境負荷低減に向けた各種技術開発と評価手法の開発

 委員など: 本庄市総合振興計画審議会委員、埼玉県彩の国資源循環工場環境調査評価委員会委員、環境省、経済産業省、國土交通省などの各種検討会などの委員を多数歴任 

 

講演概要: 気候変動をはじめとする地球規模での環境問題やエネルギー問題の深刻化が叫ばれて久しいのですが、それらの問題が私たちの生活や健康に対してどの程度のリスクを持っているのかについては、十分に理解されていません。今回の公演では、エネルギー問題と気候変動問題の現状を紹介し、さらにそれらの問題が私たちの日常生活や健康に対してどの程度のリスクを持っているのか、それらに対してどのような対策を講じようとしているのかについて、既存の研究成果なども引用しながら平易に解説します

 

参加者数、およびアンケート回答者数

 

参加者

48名(講師・スタッフ含)

回答者数

30名

回収率

62.5%

 

アンケート

回答者性別  男性 15名、 女性15名

回答者年令別

今回の講演会をどうして知りましたか

GHWの会への参加回数

 

本日の講演について

また参加したいと

 

本日のGHWの会への感想

 

少し難しかったが、エネルギー消費量をなるべく少量にする努力が必要であることを痛感しました。原子力発電の問題は教授が言われるように、3D+Sやエネルギー安定性を考えた場合、エネルギーセキュリティ上捨てがたいものであり難問であると思います。

 

・日常生活に関係する大変為になるお話ありがとうございました。

 

・会の主旨について内容はわかりました。どうするのかについては政治が行うのか、個々人が行うのかという点で両方だと簡単に言えるが、そうできないのはなぜなのかという点まで示唆していただけると納得がいくのではないか。

 

・リスクについてーハザード。気温の変化、若い人の参加。

 

・大変面白かった。今すぐ対策を実施しないと地球上の生物が住めなくなるような状況になるとの予測があり大変危惧していました。本日の講演でくわしく内容が示され参考になった。

 

・環境への配慮は次世代へのプレゼントというか責任あることだと改めて思います。なかなか大きな改善にはつながらなくても日々の努力を積み重ねていけたらと思います。

 

・学ぶ機会のない今まで大変参考になりました。

 

・日頃の災害について考えることが多かったです。ライフスタイルの見直しが必要ですね。足元を見つめて生活しようと思います。

 

・身近のエネルギーについて解りやすく説明していただきましたが大変難しい問題でどうしたらよいのか?と考えさせられます。

 

・エネルギーと自分の生活の関係をわかりやすく講演していただきありがとうございました。

 

・次の世代が大変だと思うがなかなか自分の事になると考えてしまう(楽な方へ楽な方へと体と頭が動いてしまう)すこしずつしていこうと思います。

 

・講演は良かったと思う。色々なことが知れて良かった。原発に対して中立はよくない。しかし先生は、地球環境汚染に対して大変だという危機感があまり伝わってこないことについてやっぱり先生かなぁと思った。

 

・大変勉強になりました。自分の生活の中で何ができるか考えてみたいと思いました。

 

・良い講演会でした。ありがとうございました。地球環境の大切さがよく判りました。(省エネ!)

 

・エネルギーの側面から、環境、健康のリスクについてお話いただき大変面白かったです。普段生活していると感じにくい、地球全体の問題、国際的な取り組みがよく理解できた。質問についても一つずつご解答いただきありがとうございました。

 

・地球の温暖化について資料がたくさんあってよく判りましたが、省エネをしても温暖化が進むであろうというデータはショックでした。

 

CO2削減等について今まで確たる危機感がなかったが今回の話を聞いてもっと真剣に取り組まなくてはならない。

 

・具体策に対するアドバイスが乏しくないか?

 

・エネルギー利用時のリスクとハザードのお話が良かった。

 

・温暖化状況で細かいことにも気を付けて生活したいと思いました。

 

・非常に現代に必要性の高い講演であり素晴らしかった。

 

・エネルギー環境問題をわかり易く解説していただき大変参考になりました。

 

・専門的な多くのことを丁寧に話していただきました。今後に役立てます。

 

・講演を聞いて改めて今おかれている現状の深刻さを身に染みました。省エネの取組みは自分なりにやっていますが、説明の中で家庭からのCO2が多いことがまだ取り組む可能性を持っているのではと考えました。

 

 

=============2018年1月20日(土)の講演会報告の終わり=====================

 

 

 

 

 

日時: 2017年9月30日(土)14:00~16:30

               (受付13:40~)

 

講師: 福田 小百合氏

        産科婦人科 舘出張 佐藤病院 経営企画室 室長

 

テーマ:  男性にも知ってほしい 女性のがんについて

        ~検診率向上のために~

 

講演会参加者   61名(別室で聴講のお母さんと赤ちゃんを含む)

 

アンケート回答者: 29名(男性 6名、女性 23名) 回答率 48%

 

アンケート内容:

 

・女性のがん(特に子宮頸がん)についてよく分かった。 栄養の話もとても参考になった。・とても日本の検診率が低いことにビックリしました。

・少子化を食い止めるために中学校・高校での授業に必須項目だと思います。

・女性の健康について分かりやすいお話で良かったと思います。大豆イソフラボン=女性ホルモンと思っていましたがそうでないことを知り、役立ちました。

・知らないことも多々あり参考になりました。

・もっとお話を聞きたいほどでした。なかなか子ども連れでのこういった講演はないので、本当に今回参加できてよかったです。ありがとうございました。

・とても説明が上手できいていてよく分かりました。

・とてもわかりやすくて良かったです。

・参考にさせていただきます。高齢になりタンパク質をつとめて食べるように食生活を考えます。

・先生の声がはっきりされて大変聴きやすかったです。肉・卵・大豆等があまり好きではないのですが今後できるだけとるようにしたいと思います。

・大変参考になる講演でした。

・内容が盛りだくさんで、もっとじっくり深く聞きたいものばかり!

・大変為になりました。

・具体的にわかりやすいのでよかった。言葉も声もとてもよい。

・一番良かったのは脂質の話でした。とてもためになりました。これからきをつけてとりたいと思いました。

・特に食に関する話参考になりました。

・検診の必要性について解りやすくご説明いただき大変為になりました。食事の話も大変面白かったです。

・最後説明がはやかったのでもう少し聞きたかった。

・子宮がんについて検診や乳がんについての自己検診法参考になりました。病気に負けない体作りもとても参考になりました。

・病気の事だけでなく妊娠についてや年齢別のグラフ(流産や出産等)があり、とても参考になった。今回で2回目の参加だったが、1回目の講演(角膜移植)よりも聞きやすく、自分にとっては身近であり数年後には妊娠も考えているので良かったと思う。

 

 

 

==========2017年9月30日(土)講演会報告 終わり============

 

 

日時: 2017年6月10日(土)14:00~16:30 (受付13:40~)

 

 

講師:  堀口 昇男 (のりお) 先生

       群馬大学医学部附属病院

       消化器・肝臓内科/肝疾患センター 助教

 

      (ご参考) 埼玉県本庄市生まれ

       本庄市立中央小学校、本庄市立南中学校卒業

       平成8年3月 群馬大学医学部卒業、

       医学博士

 

テーマ: 「肝臓病について -沈黙の臓器 肝臓 -」

 

 肝臓は、沈黙の臓器と言われています。肝臓病はなかなか症状が出てこないため、進行した肝硬変/肝癌で見つかることが少なくありません。しかし、肝臓病で一番大切なのは肝硬変/肝癌といった症状がでないように予防/治療していくことです。

 今回は、(1)肝機能検査の読み方(検診/血液検査で異常としてされたけど、症状もないのに肝臓の何が悪いの?)、(2)肝臓が悪い時の日常生活の注意点(食事や運動等、どう注意すればいいの?)という疑問に答えさせていただきます。

 また(3)食生活の欧米化に伴い日本でも急増している、肝硬変/肝癌へと進展していくこわい脂肪肝”非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)についてお話をさせていただきます。

 最後に、(4)この数年で目覚ましい進歩があったC型肝炎(90%以上の方が治癒する時代になりました)、B型肝炎の最新の治療についてお話しさせていただきます。

 

講演中の堀口先生

質疑応答

 左 堀口昇男先生

 右 野中 潤氏(司会、GHWの会幹

    事

講演会終了後 堀口先生に花束を贈呈

前列左から 小林隆GHWの会代表幹事

      堀口昇男先生

後列 GHWの会関係者(左から)

   坂本真夕美氏、日向一正氏、

     野中潤氏、久保田正男氏

  

 

 

 

講演会参加者   78名(講師、スタッフを含む)

 

アンケート回答者 40名 (アンケート回収率 51.3%)

 

アンケート回答者 内訳  男性15名、 女性25名

 

アンケート回答者 年齢別構成

 

 

 

 

アンケート回答 ( 本日のGHWの会感想)

 

 

 

・関心のある大事な問題を分かりやすく聞きやすい語り口でしっかりやっていただき感謝しています。

 

・ちょっと難しいと思うけども、わかりやく説明していただきとても良かったです。 

 

・大変わかりやすくて良かったです。

 

・肝臓病について、短時間で多くの情報を盛り込んでいただきありがとうございました。 

 

・身近でしかも気になる問題での講演でした。内容量が多すぎて頭に残るのは少ないですが、後でいただいた資料を良く読みなおさせていただきます。 

 

・理解しやすい講演でした。 

 

・肝臓病のお話が大変良く分かりました。 

 

・伊香保から出かけてきて良かったです。(とても理解しやすかったです。)堀口Dr.へありがとうございました。次回群馬会館での講義を楽しみにしています。 

 

・とても良かったです。ていねいにわかりやすく教えていただきました。 

 

・大変詳しい説明でわかりやすくレジメまで用意いただき肝臓病について勉強になりました。B型肝炎ウィルスの集団予防接種についてラジオで放送している件についても、該当する年齢なので、ホームページ等で確認してみたいと思います。 

 

・資料が良かったです。講義は早いのですが、ポイントを資料にまとめてあるのが助かりました。 

 

・話の内容が少し難しかったと思います。専門的内容が多かったので。 

 

・話し方が良く理解できるように話されたことに感謝。 

 

・長時間にわたり資料にもとづきわかりやすくありがとうございました。 

 

・私耳が悪いので先生のお話が良く聞き取れない部分がありました。(音が割れる感じ) 

 

・詳しく説明していただき、質問しようと思っていたことも先にわかりました。 

 

・大変良かった。 

 

・専門的な内容をていねいに話していただきありがたかったです。 

 

・大変わかり易い説明有り難うございました。糖尿病AIC6.5-7の数値を行ったり来たりしているのに病気を軽く考えておりましたが、もう少し真剣に取り組みたいと考えました。 

 

・私は無症候性キャリアです。今日の講演はすごく自分の為になりました。がんや肝硬変にならないように食生活や運動に心がけたいと思います。 

 

・難しかったです。専門用語が多かったです。 

 

・親切でわかり易い説明が良かったです。 

 

・とっても勉強になりました。 

 

・大変わかりやすく説明していただきましたが、高度な内容にてあまり頭に入らなかったようです。又次回このような勉強会を聞いていきたいを思います。 

 

・多くの資料を用意していただきとてもわかりやすい講演会でした。ありがとうございました。 

 

・とてもためになりましたが時間が長いので頭に入りきれませんでした。資料をいただけたので今後活用できるのでありがたいです。 

 

C型肝炎を持っているので大変参考になりました。ありがとうございました。 

 

・写真が多い資料でわかり易かったです。 

 

・非常に丁寧にわかり易く説明して下さって興味深かったです。 

 

・検査の数値は病院ではわからなかったので今日いただいた書類でチェックしてみます。本日はありがとうございました。わかりやすかったです。 

 

・家族が肝硬変であり不安な状態であります。わかりやすくきかせていただきました。ありがとうございました。病院に通いながら生活面でも気をつけて生活していけたらと思います。

 

=========(前回報告の終わり)========= 

 

 

 

   

日 時  2017年3月4日 14:00 -16:30 (受付 13:40 ~)

 

講 師  山 上 聡(さとる) 先生 

     日本大学医学部 眼科学 主任教授

 

テーマ  「角膜移植手術の現状と白内障手術」

 

 

 

 

 

講師の山上先生をご招待下さった

本庄市内の眼科医 春山先生

(GHWの会 正会員)が講師に

質問をされました。

 

 

 

眼科手術を経験された方に

インタビューする春山先生

 

 

 

参加者数: 81名(講師、スタッフを含む)

 

アンケート回答者数  44名 (回収率 54%)

 

アンケート回答者 性別 男性 17名 女性 27名

 

同上 年齢層

 

 

同上  GHWの会への参加回数

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のGHWの会の感想

 

 

 

・勉強になりました。

 

 

 

・とてもよく理解できました。私自身が手術するときがありましたら、先生にお願いしたいと思いました。お元気でいてください。

 

 

 

・素晴らしい先生でした。本日出席して良かった。感謝です。

 

 

 

・意見がたくさん出て良かったと思う。

 

 

 

・手術の実演映像で非常によく分かった。 (右目の白内障手術をやったので)

 

 

 

・山上先生のご説明がとてもわかりやすく、内容をよく理解できた。

 

 

 

・白内障の手術大変興味深く見させていただきました。いずれ自分もこの中の一つをすることになるかも・・・・。でもすぐにできそうです。

 

 

 

・白内障の手術は見ました。自分がなった時に参考にしたいと思います。

 

 

 

・手術の画像が生々しかった。

 

 

 

・理解しやすくとても勉強になりました。

 

 

 

・動画が良かったです。

 

 

 

・眼科、医療技術の進歩に驚いた。

 

 

 

・知人たちが白内障の手術を受けた話を多く聞きますが、今日のリアルな手術動画をみて自分の身になったら恐くなりました。

 

 

 

・手術中の動画を何種類も見せていただき、とても見入ってしまいました。一般の方向けの講演だと思っていましたが、細かい内容、難しい内容を分かりやすくお話を聞けたのでとても勉強になり、より角膜や白内障について知りたくなりました。

 

 実際に患者さんからもお話を聞けると今日の講演がより印象深く、今後もインタビュー形式を入れていただきたいです。

 

 

 

・角膜の構造について細かくお話していただきとても分かりやすかったです。実際の手術の様子が見られて非常に勉強になりました。

 

より身近なことだと改めて考えるきっかけになった。

 

 

 

・日頃角膜移植の手術など見ることがなかったので映像でみられて、説明もわかりやすくとても勉強になりました。角膜移植の患者さんの経験談のインタビューも聞けて、とっても良かったです。

 

 

 

・普段、なかなか見ることのできない角膜移植の術中を動画で見ることが出来て面白かった。講演内容も解りやすくあっというまに感じた。

 

 

 

・とても分かりやすく、素人にも理解できる内容でした。面白く聞かせていただきました。

 

 

 

・わからないことだらけでしたが、だいぶわかるようになりまして参加して良かったと思いました。

 

 

 

・移植、ビデオで分かりやすかった。今後もビデオを利用していただきたい。

 

 

 

・映像使用でとても分かりやすかったです。

 

 

 

・高度な内容でスピードについていけませんでした。だいたいは理解できましたが、正確には難しいレベルでした。できることなら、紙での絵図資料があるともう少し有難かったです。

 

 

 

・貴重な動画を拝見できて良かったです。ありがとうございました。

 

 

 

・夫がまだ数か月前に角膜移植をしたばかりなので、すごく良かったです。すごく素晴らしかった。

 

 

 

・素晴らしかった。非常に勉強になりました。

 

 

 

・目を大切にする講演を聞きたかった。食物はどの様なものか。

 

 

 

・大変良く勉強になりました。

 

 

 

・スライドが良かったです。

 

 

 

・実際の手術現場映写での講演は大変分かりやすく理解できました。

 

 

 

・大変参考になりました。白内障に注意しています。

 

 

 

・手術のビデオを見られて良かった。ありがとうございました。

 

 

 

・本日初めて出席しましたが、良い勉強になりました。

 

 

 

・良い講演でした。

 

 

==== 2017年3月4日(土)講演会 報告 終わり======

 

 

 

 

 

 

日  時 2017128日(土) 14001630(受付1340~)

 

 

講  師 有山 良一氏 日本ジェネリック医薬品学会理事

        小池 博文氏 横浜市立大学附属病院薬剤部課長補佐

「進化するジェネリック医薬品の姿」

    ―使ってみませんかジェネリック医薬品―

 

参加者数: 70名(スタッフを含む)

 

アンケート回答者数: 32名(回収率 45.7%)

           うち男性10名、女性22名

 

アンケート回答者 年齢層別

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日のGHWの会に対する感想

 

・ジェネリックを通常飲んでいますが、いろいろと聞くことが出来ました。ジェネリックに対しての考え方が少し変わりました。 

 

・1)全体像について村社会の話で患者にはあまり関係ないように感じる自分もジェネリック製品3分の2使用している。

 

 2)使用実際について薬価の低価格により医療費が下がるのはあるべき姿だと思う。

 

 

・良いお話とは思いますが一言で難しかったですね。マイクの?聞き取りづらく感じました。次回は席も考えて座りたいと思います。 

 

・有山講師の話は全く分からなかった。10分時間オーバーは無駄だった。 

 

・有山先生の話はチンプンカンプンでした。小池先生の話は良く分かりました。 

 

・普段知ることのないジェネリックの世界が知れてよかったです。 

 

・ジェネリックの現在を知ることが出来、大変有意義な講演でした。 

 

・今回は専門用語も多く、少々難しかったです。私もかなりの薬を服用していますが徐々にジェネリックに変更しています。大きな問題はありません。 

 

・医療費をおさえる為に「希望カード」を掲示し治療を続けています。安全性は処方される医師や薬剤師に全面的に信頼するしかないと思います。これからもエコ意識を持ち続けたいと思います。 

 

・難しかった、薬の名前と何の薬か説明がほしかったです。(有山先生)例を示して説明されわかりやすかったです。(小池先生) 

 

・今日の講演は普通の方には難しいと思う。病院もしくは自分の家に飲む方がいればよいと思うが!昔病院で事務をしていたのでわかったですけど。 

 

・小池先生の講話は良く分かりました。 

 

・前半は少し難しすぎました。 

 

・専門的お話なのでちょっと難しく感じました。 

 

・病院にはほとんどかかったことがないが病気になったらジェネリックにしたい。処方箋に記入することでジェネリックにできることを知って良かった。 

 

・患者の立場で聞いたもので専門的立場の方は説明も理解できたのでは?少し難しく感じました。 

 

・有山さんの話は私のような一般人にはわかりませんでした。薬剤師や医療関係者向けだったのではないでしょうか。 

 

・ジェネリック医薬品の良い面がわかりやすく解説されていて参考になった。 

 

・ジェネリックの理解が深まりました。もっと気軽にジェネリックが使えるように自らも勧めていきたいと思いました。 

 

・満足

 

・ジェネリック医薬品がどのようなものか知ることが出来ました。 

 

・自分でも普段飲んでいるジェネリック医薬品について誤飲の防止のために印字やシートが工夫されていることを分かりやすい講演を聴講し理解でき学ぶことが出来ました。 

 

・前半の先生は説明が一方的で解りずらい。私たちはジェネリックと他の医薬品の違いが聞きたかったです。小池先生は大変良かったです。(細かな説明が大変良かったです)

 

 

 

 

 

 

・後ろの方へ座ると講演する人により声が聞き取りにくい。

 

 

 

・最初の先生は下を向きっぱなしで言葉もはっきりせず内容が聞きにくかったです。ジェネリックについて理解が深まりました。ありがとうございました。

 

 

 

・知らなければそれで終わってしまう件でも、ここへ来て聞くことで理解して、生活に役立てることが出来ます。

 

 

 

・小鹿野中央病院では、緩和ケアを多職種で取り組んでいます。アニメーションを作成しさらに分かりやすく在宅看取が充実しています。ぜひ内田先生の講師で会を開催してみてください。

 

 

 

・現在主流となっているジェネリック医薬品について分かりやすい講演をしてくださり理解することが出来ました。講演会をしてくださり有り難うございました。

 

 

 

・質疑応答の時間が大変良かったです。

 

================(2017年1月28日 講演会報告終わり)===========

 

 

 

 

 

================================================

 

前回の講演会

 

講師 稲村昌克氏 (アートネーム いなまさかつ)

    声楽家、音楽朗読セラピスト、熊谷市歴史文化講師

 

   その他、以下の方々のご協力を頂きました。

   ・ 吉川裕子氏   ピアニスト

   ・ 佐藤千代子氏  朗読

   ・ 濱とし子氏   進行、ピアノ

 

日時: 2016年10月29日(土)14:00-16:30

 

テーマ: 音楽と言葉の癒しの世界

 

内容: いなまさかつ氏の独唱と講演、そして発声練習、朗読、さらにみんなで2曲の歌を歌った楽しい講演会になりました。

 

参加者 99名(講師、スタッフを含む)

 

講演会スナップ

 

挨拶をするいなまさかつ氏

 

熱唱中のいなまさかつ氏

聴衆全員で開口(発声)のための体操をしました。

開口(発声)に関する質問に答える: 司会者も練習

なお、口笛の国際大会のシニアの部で3位になった方の口笛実演もありました。

出演者の皆さま(左から)

稲村昌克さま、吉川裕子さま、濱とし子さま、佐藤千代子さま

 

アンケ―ト結果: 回答者66名(参加者99名の66%)

         内訳 男性15名、女性51名

 

アンケート回答者の年齢構成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主な感想・ご意見

 

 

・ちょっと変わった形の講演会も楽しくてとても良いと思いました。

 

・本当に楽しく勉強になりました。いい時間をありがとうございました。

 

・言葉大切ですね。大切にします。がんばります!! 

 

・素晴らしいオペラと朗読ですっかり癒しの世界に浸らしていただき感謝です。ありがとうございました。 

 

・充実した内容で大変良かった。 

 

・楽しく、ホットな気分になりました。ありがとうございました。 

 

・今までの会とは違う趣の音楽および朗読による療法の紹介でとても楽しいものでした。今日学んだもっとも大切なことは音読が脳を活性化する事さらにメロディーがついて音楽になれば一層脳の広範囲が活性化し、生活が活き活きとして健康で認知症になりにくくなると思いました。 

 

・音楽療法の実践について聞きたかった。開口訓練ももう少し時間を取ってもらいたかった。

 

・素晴らしかった。とても良かったです。 

 

・音楽療法講演は初めて受講しました。心の癒しを感じました。ありがとうございました。

 

・実際に体の一部・全体を使うことが癒しになることが体験できてよかったです。

・ 精神科リハビリに携わっているため、姿勢・声・呼吸が悪くなり、心に影響(連動)している方が多いので、音楽療法を活用したいです。この地の歴史も興味深く聞きました。本日はありがとうございました。 

 

・「長崎の鐘」では泣けて泣けてしまいました。 

 

・音楽療法について背景や歴史を知ることができたので良かったです。先生の素晴らしい歌を聴くことができたことや、歌を歌うことで少し気持ちが良くなることができ、楽しい時間を過ごすことができました。 

 

・良き音楽を改めて感じました。(特に子守唄が良かった) 

 

・素晴らしかったです。とても身近な歌ばかりでもっと聞きたかったです。元気をいただきました。ありがとうございました。 

 

・しばらく聞いていなかった子守唄がとても懐かしく感じられました。本庄の地名のいわれを初めてきき、勉強になりました。生の歌を聞くと心が癒されます。とても大事な時間を過ごすことができました。 

 

・音楽を近くに感じることができました。ありがとうございました。

 

・楽しくわかりやすい講演素晴らしい歌声ありがとうございました。

 

・稲村先生の素晴らしい歌声に感激いたしました。

 

・音楽の素晴らしさを改めて認識しました。良かったです。 

 

・楽しかったです。 

 

・いなまさかつさんの歌声が大変すばらしかったです。歴史の話も聞けて良かったです。 

 

・長崎の鐘の歌ショッキングな歴史的な背景を知り感動しました。歌の詩を読むときの姿勢に生かしたい。 

 

・楽しく歌えました。ありがとうございました。 

 

・かたい講演会でなく良かったです。ありがとうございました。 

 

・とても楽しかったです。 

 

・音楽や言葉のもつ力を改めて感じました。トゲトゲしくなりがちな時代だらこそ一息ついて気持ちをほっこりし、優しいコトバが使えるように秋の夜長音楽を楽しみたいと思います。 

 

8.今後、どのような内容の講演会を開催して欲しいか

 

 ・郷土の歴史・成り立ちそれにかかわった人々、それらが知りたいです。 

 

・精神的に良い影響をもたらす、体を使った療法について。 

 

・今回のGHWの会は大きく幅を広げていただきました。 

 

・乳がんの死亡率が高いと聞いていますが予防とか治療方法心をどうもったらいいか。

 

・前回なぜに音楽かと思いましたが参加をして感動しました。GHWの内容にはすべて賛同します。 

 

・地域の健康長寿に役立つ内容であれば何でも良いです。 

 

・高齢者の運動について。 

 

・参加できる講演があればなお良いと思います。 

 

・やはり歌を。 

 

・軽体操を入れた講演。 

 

・脳の活性化のために他にどのような方法があるのか。 

 

・高齢者の健康、食などについての講演を・・・ 

 

・音楽のジャンルとしてはマイナーですが、今、呼吸健康法及び独特の哀愁の音色で注目されつつある口笛についての講演会(演奏、セラピーの可能性等)を希望いたします。 

 

・いつもいい企画だと思います。 

 

・健康も-克服も良いが今回のようにプラスの伸長も多くされたい。 

 

9.その他、ご意見・ご感想、ご要望

・特に皆で歌唱の際は大変気持ちよく歌え、もっともっと歌いたくなりました。「帰れソレントへ」は私も学校で習って大好きな歌なので久しぶりに聞けてうれしかったです。

・この地域に不足している医療の啓発など今後も大いにGHWの会の活動を続けてやってください。

 

・いろいろな分野のお話が聞けてとても楽しみです。今回も音楽の力を再認識いたしました。日頃の忙しさにかまけて心のゆとりがない毎日を過ごしておりますが、GHWの会に来ることで人間、生きている限り勉強であり違った世界(少し大げさかも知れませんが)を見ることができます。 

 

・楽しい時を過ごさせていただきありがとうございました。

 

・講演中の入り口の開閉は気になりました。 

 

・参加するたび視野(内面)が広がって喜んでいます。 

 

・会員の皆様ありがとうございます(有志の皆様、スタッフの皆様)

 

・知人にこの講座のことを進められて受けて良かったです。皆様ありがとうございました。

 

・これからもこのような講演をしてください。ありがとうございました。 

 

・とても素晴らしかったです。いなまさかつ先生の大ファンになりました。風などひかないで頑張ってください。 

 

・自身も参加し、皆さんと一緒に声を出すことで気持ちがすっきりした気がします。講演会の構成もとても良かったと思います。 

 

・有り難うございました。 

 

本日の講演会のご質問をお書きください。

 

・母音を大切にする理由を教えてください。舌を下げるのに「あくびをする感じで」とお話がありましたが他に何か方法はありますか。

 

・鼻腔を使っての声の出し方についてもう少しおしえていただけますでしょうか。 

 

・フィガロの結婚の最後の音の伸ばし、あれだけ長く伸ばせる腹式(斜腹筋?)の使い方を教えていただけたらと思います。 

 

・「外郎売り」の練習ではどんな声?調子で?やったらいいのですか?見本を・・ 

 

・発声練習をもう少しやってください。発生の前の体をほぐす体操も。

 

・口笛セラピーについて、その可能性、サジェスチョン等いただけましたら幸甚でございます。

 

(説明)私は口笛をやっておりまして、今日の音楽の癒し、腹式呼吸のお話等、大変貴重なお話ありがとうございました。口笛は、音楽としてはマイナーな感じがいたしますが、しかしその音色は、ピアノ等人工楽器と異なる独特の哀愁のひびきがあります。そこで今日のご講演をお聞きして口笛の特徴を生かして、口笛セラピーの可能性があるのではと思う次第です。因みに私は今年7月の国際口笛大会(WWC2016)のシニア部門で3位に入賞しました。

 

 

==========2016年10月29日講演会 報告終わり===========

 

 

 

前回の講演会

 

講師: 竹並恵里氏

      管理栄養士、健康運動指導士、東洋大学非常勤講師

 

日時 2016年8月27日(土)14:00~16:30

 

テーマ 「筋肉」の正しい育て方

      ~健康の秘訣は「筋肉」にあり

 

 

参加者 119名(講師、スタッフを含む)

 

アンケート結果 回答者数 66名(回収率 55%)

        

年齢層

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートに書かれた主な感想

 

・わかりやすかった。なぜ筋力減少するのかや、摂るべき栄養素やタイミングなど根拠がわかり納得できた。

・大変興味深く聞かせていただきました。

・わかりやすくとてもためになる話でした。食事のとり方について反省するとともにこれからは十分気を付けたいと思いました。運動不足を痛感しています。

・高齢者の体力維持に大変参考となりました。言語明瞭で聞きやすかったです。

・大変わかりやすく勉強になりました。

・タンパク質、アミノ酸などについてもっと説明してほしかった。

・タンパク質、糖質バランスのとれた食事が毎日大切なことと運動が大切なこと、筋トレは毎日でなくてよいこと(週2回ぐらい)

 愛情を持って大切に筋肉を育てること気づきました。

・わかりやすいお話でした。身近な話題なので大変参考になりました。

・自分の筋トレの参考になりました。

・食事の摂り方について、プロテインの摂り方についてとても勉強になりました。身体を動かす時間もあると良かったです。

・わかりやすい内容で良かったです。具体的な食事作りとかをまた聞かせてもらえたらと思いました。

・私も最近筋肉量が減って困っています。特に階段の昇り降り等、今日のお話は大変参考になりました。

・わかりやすく、来て良かった。

・大変分かりやすく楽しく聞くことが出来ました。丁度自分なりに気になっていた事柄なのでとても有意義で参加して本当に良かったです。

・筋トレはどの様にすればよいか、1番知りたかったことを聞けました。筋トレだけではだめで栄養も必要というのが良く分かりました。

・大変勉強になりました。

・筋肉についての育て方、食事、運動に大変参考になりました。70歳過ぎた女性ですが、これからがんばって筋力を増やしたいと思います。

・自分はマラソンをしています。食事と運動と栄養の話が大変参考になりました。

・非常にわかりやすい説明でした。

・わかりやすかったです。

・改めて食事の大切さ筋肉の大切さを感じました。

・大変参考になった。

・本庄市児玉町の食会(編集者注:本庄市公認の食生活改善推進協議会のことか)で「チラシ」で知りました。ありがとうございました。

・わかりやすい説明でとても良かったです。

・よく理解できて参考になりました。

・筋肉について、今までとても無知であったことに気づかされました。一項目、一項目とてもわかりやすくご説明くださり、ありがとう存じました。愛情を持って筋肉と付き合い育て、家族の健康も考えて参りたいと思います。

・大変わかりやすく筋肉の働きと筋肉を育てる方法をお話いただき本日から取り組んで役立てたいと思いました。ありがとうございました。

・とてもよかったです。話し方がゆったりしていて先ず聞きやすい。内容も良く今までこの会で受講した中では本日が最高でした。

・体力の低下を感じるようになっていた自分にとって動機づけになり、大いに参考になりました;

・嫌われ者の糖が筋肉量増加のためには必要なのだとわかりビックリしています。

・スロトレ、筋トレと言うともっと大がかりなものと思いがちですが、もっと簡単でゆっくりできることを感じました。筋肉を作るのは日頃の食生活が大切だと思いました。

・大変参考になりました。

・大変自分の健康のために役に立ちそうです。

・初めて参加させていただきました。わかりやすい説明で食事の参考にします。

・わかりやすい話し方で参考になりました。

・題目から難しい講演と思っていましたがとってもわかりやすく、理解できました。ありがとうございました。

・主菜不足が筋肉を育てるのに大切なのだと知り、(合わせて運動も)大変参考になりました。竹並先生のとても聞きやすいお話の仕方にも好感が持てました。有難うございました。

・筋トレの方法がわかりました。ありがとうございました。食事との関係が大切ですね。

・良いお話をお聴きできてよかったです。

・興味ありわかりやすい話し方でとても良かった。

・日頃あまり意識して考えない筋肉について改めて日々の食事からとりいれていかなければいけないと思いました。わかりやすい説明とお話でした。

・とてもわかりやすく楽しいお話でした。ありがとうございました。

・大変良かったです。

・毎日の生活の中で必要な話を分かりやすく説明していただいたので分かりやすかったです。

・筋トレについてあまり考えていなかったが、筋肉を育てることの食事と運動が良く分かりました。

・健康と筋肉の関係が良く分かりました。

・とても参考になりました。

・加齢に伴い筋肉量が減少し、それにより課題が多くあることがわかりました。そのための日々の食事作りも見直す必要があると思いました。自分の健康、家族の健康のために筋肉作り、食事の見直しをすすめていこうと思います。また、よく「早寝早起き朝ごはん」と言いますが、欠食が何故いけないのか、細かく知ることが出来たので、今後もその大切さをしっかり考えていこうと思います。ありがとうございました。

・家族の食事の担当者として、健康づくりを踏まえて毎日のメニューを考えています。今日の講演はこれからの家族の健康、食事作りに、大変役立ちました。お話がとてもわかりやすく理解できました。

・わかりやすいお話で良いことを知り、学習したと感じます。日常生活で考え新たに健康に気を付けたいと思います。

・説明している話が資料のどこかわからず、戸惑うことがあった。資料にページがあるとより一層受講しやすく効果を上げるようにおもう。

・良い講演会でした。(もう少し時間があれば良いと思いますが)

・学ぶべきことが多く大変良かったです。現在直面している内容でこれを大いに生かして生活していきたいと思いました。ありがとうございました。

・スポーツジムに行くようになって6年目ですが筋肉量は増えたり、減ったりで一喜一憂していますが、今日聞いたことでタンパク質量が足りてないことがわかりました。感謝します。

・筋トレ+食事の摂取方の大切さがよく分かりました。

 

 

 

 

====2016年8月27日 講演会報告 終わり=====

 

 

 

前回の講演会

 

日時: 2016年5月14日(土)14:00 ~ 16:30

講師: 梅松瞳 先生  東京大学附属病院 糖尿病・代謝内科 医師

テーマ: 糖尿病と生きる - 健康長寿をめざして

要旨: 世界でも日本でも、糖尿病の患者数は年々増加傾向にあり、その治療・克服は世界的に見て重要な課題となっている。元気に長く生きる「健康長寿」のために糖尿病の最新の情報や予防法、治療法を講演いただいた。

 

参加者数: 100名(講師・スタッフを含む)

      アンケート回答者内訳

      性別 男性 24名、女性 35名          

      年代

                       

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートに書かれた感想

 

・よかったです

 

・大変わかりやすい説明で、よくわかりました。ありがとうございます。

 

・食事・運動の大切さをさらに教えていただきました。

 

・糖尿病歴20年・本・雑誌・TVの健康番組などで学んでいるので、ほとんどの内容が復習でした。もっと詳しい情報が学べるかと期待したのは「贅沢」でした。

 

・大変参考になりました。よい生活習慣を守る大切さを認識した。

 

・年とともに体に変化ができ、毎日をいかに健康にくらしていけるか、関心があります。大変参考になりました。

 

・糖尿病について知っていた様でも無知の部分が多く大変勉強になりました。

 

・とてもよかった。なかなか規則正しい生活が難しい。年齢的に食事や運動を考えて糖尿病にならないようにしたい。

 

・話を聞いて糖尿病に対する心構え、認識が一層増した。糖尿病治療歴18年。

 

・解りやすいお話ありがとうございました。

 

・日頃なんとなく思っていることが整理されて良かった。

 

・臨床医なので分かりやすく聞くことができました。心に残った言葉 能力はさほど変わりなし。熱意と方向性→行動あるのみと思いました。

 

・本庄出身で美人講師なのでおどろいた。内容も我々素人にもわかりやすかったです。

 

・本日の話は分かりやすかった。糖尿病は怖いので、糖尿病にならないよう注意したい。

 

・とても分かりやすかった、感謝です。

 

・若い講師の先生が新鮮。

 

・去年9月椎間板ヘルニアを発症し約4か月程度運動ができなかった。翌年2月より散歩を1時間実施し体調が著しく改善した。本日の講演で裏付けができたので継続していくことがいかに大事かを痛切に感じた。

 

・健康の話がためになった。

 

・よくきく糖尿病でもよく知らない人が多い。特に男性たち。時間の関係からか、糖尿病とは?の説明をもう少し詳しくしてほしかった。

 

・大変わかりやすいお話でした。

 

・具体的な内容で大変良くわかりました。

 

・良かったと思います。(落ち着いた語り、言葉がはっきりしている)

 

・非常に参考になりました。

 

・親が(母親)糖尿病で今日のお話を聞いて気を付けたいと思いました。

 

・具体的に、細かく説明があり、自分の今の立場をよく理解し(身近な問題なので)講義をいただいたものを参考にしていきたいと思います。

 

・解りやすい言葉で、お話をされていてとても興味深く聞くことができました。近くにこんな先生がいたら、いろいろ質問にも答えていただけるのではと思いました。また、機会がありましたら是非設けてほしいと思いました。

 

・講師の若さにびっくり、頑張ってください。

 

・解りやすく、とても参考になった。

 

・大変わかりやすく要領をまとめてお話していただきました。ありがとうございました。

 

・梅松先生の説明がとても分かりやすくてよかったです。長生きを目指して、ウォーキング週3~4日頑張りたいです。

 

・わかりやすい内容で良かったです。

 

・話がストレートに入ってきました。健康寿命を延ばす大切さを学ぶことができました。

 

・解りよい話でありがとうございました。

 

・具体的で努力目標が立てやすかった。東大のDrであり患者の一番身近な存在だと感じました。とてもわかりやすかったし、一生の病であるが、明るいイメージにかわりホッとした。

 

・現在臨床で働いている先生のお話だったので、具体的でわかりやすかったです。

 

・具体例を希望

 

・分かりやすいので良かった。

 

・勉強になった。

 

・自分も今、糖尿病の治療中であり、とても参考になりました。

 

・大変参考になりました。別に糖尿病には関係ないのですが、今後の生活の参考になります。

 

・とても参考になりました。

 

・糖尿病予備軍の人と接する機会が職業柄(管理栄養士)多いので知識の再確認&今後・指導していく上でとても参考になりました。

 

・大変聞きやすくためになる内容でした。

 

・運動(1日30分のウォーキング)の大切さがよく分かった。

 

・アディポネクチンについてもう少し詳しく聞きたかった。

 

・糖尿病について具体的に教えていただきとても勉強になりました。

 

・「患者に治療が依存する」ということが最も胸に響きました。

 

満員の聴衆

講演中の講師

講演前に講師とご両親

講師をご推薦下さった小暮康子さまから花束を贈られる講師

 

 

 

 

 

 

 

====== 2016年5月14日(土)講演会の報告 終わり ==========

 

 

前回の講演会: 

  時:平成2835日(土) 14:0016:30

テーマ:法医学からみた平均寿命と健康寿命

    ~事件・事故に巻き込まれないために~ 

講師: 押田茂實先生

    日本大学名誉教授、神楽坂法医学研究所 所長

 

 

要旨:  平均寿命とは、個体群(必ずしも生物個体とは限らない)の各個体の寿命平均である。この場合の寿命とはいわゆる「天寿」ではなく、死因にかかわらず生まれてから死ぬまでの時間である。つまり、平均寿命とは0歳の平均余命のことである(ウイキペディア)。 一方、自立して過ごすことができる「健康寿命」で、日本は世界188カ国中、堂々の第1位(2013年:男性71.11歳、女性75.56歳)。国民皆保険を代表とする日本の医療政策の貢献は大きい(2015827日付けの英医学誌ランセット)。

 病死のベスト3は何だか知っていますか?

事故死や他殺は最近増えているのでしょうか?

 

参加者数: 110名(講師・スタッフ含む)

参加者の感想:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者の年齢分布

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンケートに書かれた主な感想 

 

・興味深くメリハリがある講義で、もっと続きを聞きたかったです。

 

 

 

・法医学とは難しいと思っていましたが、面白く、人口問題、DNA、手品まで楽しく拝聴しました。

 

 

 

・ユーモアを入れながら話をしてくださって、楽しく聞かせていただきました。

 

 

 

・生活の中で知ることのないお話で、とても驚きもあり、日本の現状も含めた資料をありがとうございました。

 

 

 

・内容がわかりやすい。

 

 

 

・法医学というので普段は聞けない話で楽しみにしてきました。もっと色々聞きたかったです。

 

 

 

・よかったと思います。

 

 

 

・非常に良かった。

 

 

 

・話が面白い(変わった)視点からも物をみたい。

 

 

 

・ロボット 人工頭脳になりますね

 

 

 

・楽しんで講演を聞くことができ感謝です。

 

 

 

・もっと専門的な話が聞きたかった。(日本は予算の問題から、解剖件数が2.3%と国際的に異常に少ないとか)

 

 

 

・切り口が良く、理解できた。おもしろい観点からのお話だったと思います。大変良かったです。

 

 

 

・生活の中に取り入れて生活の向上に役立てたい。

 

 

 

・地元の方なので、とても畏れ多く拝聴いたしました。

 

・日常気づかないことに、新しい視点を与えられたように思う。最近にない興味深い内容のお話。「脳の活性化」ってこんな感じ?と実感。

 

 

 

・大変実りある内容でした。現場で皆さんに具体的に伝えたいと思います。

 

 

 

・非常に内容もわかりやすく、勉強になりました。

 

 

 

・大変良かった。

 

 

 

・難しい法医学の話を分かりやすく、笑いも誘い、とてもよい講義でした。

 

 

 

・よい内容で満足しました。プレゼンの力量も素晴らしい。

 

 

 

・こんな素晴らしい講演は初めてです。今月21日83歳を迎えます。市の筋トレ教室で週3回講師をしています。その気で前へ進もうと思います。今日の講義を聞いてがんばれます。

 

 

 

・いつも興味深い講演内容をありがとうございます。

 

 

 

・平均寿命と健康寿命の深い実証に感銘しました。

 

 

 

・なかなか聞かないこと。ものの見方が参考になる。難しい話を面白く具体的に聞くことができた。目が覚めた感じ。

 

 

 

・講師の話にウィットがあり、楽しく聞けました。

 

 

 

・素晴らしかったです。

 

 

 

・大変すばらしい講演で感動しました。

 

 

 

・楽しい講演ありがとうございました。

 

 

 

・分かりやすく丁寧な説明と話材の豊富さに感銘しました。

 

 

 

・大変勉強になりました。新しいものの見方ができると感じる。

 

 

 

・大変面白かった。事実の報道が大切で、その点に注意して報道に対する事が大事であることが分かった。

 

 

 

・よい講演会でした。

 

 

 

・大変お話が上手。内容も他面に亘り、活術も上手であって、講演会としては大変有益でした。

 

科学的データの実証で説明されているので迫力がある。もう少し健康寿命の成り立ちと意義及び過程について触れてもらえると更によかった。

 

 

 

・法医学は難しい問題ですが、易しくわかりやすく話してくださいました。楽しく講義を聞きました。

 

 

 

・初めて参加しましたが、内容が充実していて、大変興味深かった。

 

 

 

・最高でした。とても分かりやすかったです。

 

・基本的にはわかりやすくお話ししていただきまして感謝です。用土出身の人達とも出会いがあり、興味深く有難いことです。

 

 

 

・良かったです。

 

 

 

・分かりやすくてよかったです。

 

 

 

・新しい知識を得ることができました。

 

 

 

・面白く、わかりやすい。手品にはビックリポンでした。

 

 

 

・現実に則した講演内容でしたのですごく良かったです。

 

 

 

・法医学と健康を少し理解できました。

 

 

 

・気づきをいただきありがとうございます。精神疾患を持つ子と生活をともにしていますが、一番言葉に気を付けています。

 

 

 

PPKで行きたいと思います。

 

 

 

・面白く聞くことができました。

 

 

 

・大変わかりやすい講演でした。面白くて楽しかった。

 

 

 

・良い講演でした。面白かった。難しかったけど自分のためにも良かった。

 

=======2016年3月5日 講演会報告終わり=======

 

  

------------------------------------------------------------

前回の講演会: 2015年11月7日(土)14:00-16:30

講師: 竹澤 豊 先生

          伊勢崎市民病院 泌尿器科 主任診療部長

演題: パパの明日を、まもりたい。

       前立腺がんの早期発見と最新治療

  ~ロボット支援手術について

前立腺癌は本邦男性癌死亡率の6位で近年増加傾向です。症状出現時には進行癌であることが多く、早期発見、早期治療が重要です。血液検査で早期発見でき、手術、放射線で根治が可能です。手術支援ロボット手術も可能です。

参加者 104名 (講師、スタッフを含む)

アンケート(計63名回答)に記された感想など

手術の画像は恐ろしかった。講師の真面目な解説に感服しました。

 

・手術映像まで見せていただきましたが、少し「きつく」感じました。 

 

・わかりやすく気を付けるポイントもよくわかりました。ありがとうございます。 

 

・PSA検査の重要性と、ロボット手術について参考になりました。 

 

・前立腺がんのロボット手術のすごさに驚きました。

 

・手術の動画を見せていただき、自分が患者になった時にはダビンチ手術を受けたいと思いました。 

 

・とても勉強になりました。ありがとうございました。実は主人の知人が前立腺がんになったので検査を受けるようすすめられ、2か月前くらいに血液検査を受け大丈夫でした。

 

Da Vinciを理解しました。すばらしい。Da Vinciだからできることを知った。 

 

・PSAが少し高めだと言われましたので、大変参考になりました。 

 

・前立腺がんの現状が良くわかった。 

 

・もう少し患者が知りたい内容を講演して欲しかった。レジュメもなく、スライドも黒に黄色などで見にくかった。スライドの単位が書いていなくて(説明はあったが)、メモする余裕がなくて、もう少しわかり易い話とスライド(レジュメ付き)を希望する。 

 

・よい講演会でした。今後の治療の参考となりました。 

 

・ダビンチによる手術が有効であることがよくわかりました。 

 

・講演の内容をスクリーンだけでなく紙による資料があると良い。 

 

・非常に良かった。

 

・とても詳しく、わかりやすかった。 

 

・専門的な用語が多かったが、これを参考に、今後「前立腺がん」の記事の理解に役立てたいと思います。

 

・大体のことが理解できた。ロボットを動かすDr.のリアルな場面を知りたかった。 

 

・迫力があり、病気になると大変と実感。ならない努力をしたいと思う。 

 

・医学の進歩に驚きました。 

 

・手術の様子が実際見れて大変勉強になりました。 

 

・今年8/10に先生に前立腺がんの手術でお世話になり本日は自分の手術を見ているようで大変貴重な体験ができ感激しています。今後とも先生にはお世話になりますが宜しくお願いいたします。本日はありがとうございました。

 

・医学の発展のすばらしさに感動しました。また、素晴らしい先生がいらっしゃって命を助けていただけるのだと感じます。 

 

・大変勉強になりました。 

 

・大変良く理解できました。ありがとうございました。

 

・ロボット支援で手術する所をカメラで見る事ができ、進歩されている。NHKの朝ドラではないが、ビックリポンでした。感動しました。 

 

・普段の生活の中では得られない知識・情報でした。 

 

・生々しい映像におどろきました。医学の進歩に感心しました。 

 

・概要、検査、術前・手術・術後、地域と連携など、具体的な内容をわかりやすく説明していただきました。大変勉強になりました。ありがとうございました。 

 

・聞き取りにくかった。 

 

・私にとって身近に感じるテーマなので、感心を持って聞くことができました。今のロボット手術にはおどろきました。ありがとうございました。 

 

・大変丁寧な説明でしたが、素人にはよくわからないところもあります。 

 

・大変勉強になりました。現場の先生の講演はとても参考になります。

 

・ロボット手術を見せてもらい大変ビックリしました。 

 

・資料の画面が見づらく、資料自体も分かりづらい箇所があった。腹腔鏡手術(ダビンチによる)は具体的であるがやや専門的すぎる。 

 

・内容が難しかった。

 

・前立腺がんの手術の様子がスクリーンでよくわかりました。 

 

・専門用語が多く、いつもより難しかった。時々参加者の反応(顔の表情とか)を見ながらしゃべってほしいなあと思った。 

 

・貴重な手術を見せていただき大変参考になりました。 

 

・実際の手術の状況が画面で見られて良かった。 

 

・難しかったが、自分も前立腺肥大の手術を受けているので、今後の参考となるご講演でした。

 

・手術の画像があったので、リアルに分かりました。

 

=========2015年11月7日(土)講演会報告の終わり========= 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回の講演会の報告

 

2015年9月5日(土)14:00~17:00(受付13:40~)

 

講師 浅香満先生

         高崎健康福祉大学 保健医療学部理学療法学科 学科長 教授

 

テーマ 要介護状態にならないための姿勢や運動(実技指導を含む)

概要  平均寿命が世界で一位・二位となった超高齢社会の日本において、平均の要介護状態は約十年に及びます。その多くは、脳血管疾患による片麻痺や転倒による骨折、膝や腰の痛みによるものです。これらの多くは長い間の生活習慣から起因するものが多く(生活習慣病)、適切な生活を送ることにより、かなり予防できるものといえます。今回は、これらを予防するための運動と姿勢を中心に理学療法士の立場から、簡単な実技を交えてお話します。

開催場所 早稲田リサーチパーク・コミュニケーションセンター 3階 レクチャルーム1

参加者数: 78名(講師・スタッフを含む)

主な感想:

・予防医学として、非常に良かったです。具体性があり、よく理解できた。要介護状態にならないために頑張ります。

・初めての参加で、大変ためになりました。

・大変良いお話を聞きました。今後にぜひいかして、健康寿命にしたいです。

・初めての参加でしたが、大変勉強になりました。運動不足ぎみなので、少しづつ実行したいと思います。

・日常生活・運動の参考になった(基礎データ)。参加してよかった。

・毎日の生活に身近なことで役立ちました。

・身近で実行できる話や運動を具体的に教えてくださり、とても勉強になりました。日々の生活の中にすぐ取り入れることができそうです。

・高齢者が増加していくなかで、今回の講演会で多く学ぶことがありました。自分も医療に関わる職業を目指し大学で学んでいるので、これからもが頑張っていこうと思いました。

・参考になり、ご指導がわかりやすかった。実行します。

・とてもわかりやすく説明され、資料もあるので、家で実践できるので良かった。

・今後の生活習慣に大変参考になった。

・姿勢と運動について、大いに参考になりました。

・毎日ウォーキングを56km朝に実施しています。また、予備知識の習得に、大変参考になりました。

・腰痛や膝痛があるので、大変参考になりました。

・わかりやすい流れで進行されていて良かった。参加型というのは実践につながるためこれからも行ってほしい。

・良い講演をありがとうございました。

・やさしく、明解で、一般の人が面白く理解しやすくて感動しました。

・即実施できる事が多く、大変有益だった。

・楽しい講演でした。「メッツ」は大いに参考になりました。

・具体的な講演で良かった。病気になってから健康に気を付けるのではなく、普段から姿勢と運動で健康寿命を長く保ちたい。

・身体バランス機能検査が今後の健康維持のため、非常に参考になりました。

・具体的な例を挙げたお話を聞けて良かった。今後運動をする時の目安にしたいと思います。

・とても有意義なお話しでしたが、私たちに実技をもう少しさせて頂きたいと思います。そしてこれからの生活に役立てることを教えて頂きたいと思います。

・非常に理解しやすい内容で、良くわかりました。

・歩き方の速度など具体的でとてもわかりやすかったです。本日は、本当にありがとうございました。

・今後の活動に利用したい。

・自分の体調(様子)が少しわかった様に思います。

・身近に感じていた事なので、非常に参考になり良かったです。

・毎日の運動をする事が非常に良いと思いました。

========2015年9月5日(土)講演会報告終わり=========

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回の講演会の報告

 

2015年7月18日(土) 鈴木せい子先生

あなたのいのちへの賛歌  「生きてるだけで百点満点」

 

講演概要:私はいのちに寄り添い、いのちの誕生のお手伝いをしている助産師です。

 

私たちは、自然の恵みと慈しみの中で育まれ、生きる意味を持って生まれてきました。「生きてるだけで百点満点」限りなくやさしい響きを持つこの言葉は「それでいいんだよ」と、ありのままを認めてもらえる喜びと、安心感を与えてくれる魔法の言葉。自分探しをされている若い方から、これから新たないのちを授かる方、年輪を刻み込まれたご高齢の方まですべての方々に生まれてきてよかった、生きていてよかったと“生きる喜び”を感じられるような「いのちの現場からのメッセージ」をお届けいたします。

 

講  師 鈴木 せい子氏

     鈴木助産院院長  公益社団法人 群馬県助産師会会長

参加者 53名

 

主なアンケート結果

・とても良かった。育児に行き詰まり、姪っ子、甥っ子も中学校を登校拒否して、一家は大変な時期だったので、これを機に自分も家族にも命の大切さを教えていきたい。

・とても素晴らしい講演でした。今の子どもたちの問題点や社会のひずみ、人間の生きづらさは、家族、親子の愛、自己肯定感で乗り越えていけるということが、様々な切り口からの説明でよく分かりました。どの年齢の方でも、障害があってもなくても、もっとたくさんの方に聞いて欲しいと思います。

・いのちの大切さを身をもってもう一度感じ入りました。日本には大変な思いをしている子ども達が沢山いるので、先生の話を一人でも多くの子どもが聞く機会を持てたらいいと思います。

・鈴木先生は、出産現場でいのちを支えているだけでも尊いことと思いますが、子どもたち、母親たちへのご講演で、生きるために必要な大切ないのちを注がれていらっしゃること、本当に素晴らしいお働きと思います。本日は私自身の生きる・生かされている意味を再確認させていただくことができ感謝です。鈴木先生にお会いできて幸せな気持ちでいっぱいです。ありがとうございました! 

・DVD、すごいものを作っていると思います。伝わりやすいです。3人の子どもには、子供は“宝もの”と口をそろえています。何かあった時、思い出したくましく育って欲しいと思いました。 

・子供が赤ちゃんの時のことを思い出して涙しました。 

・いまだに生きることに自問自答しているが、「自分が生きることを選びとった」ということに目が覚める思いでした。力強く生きたいと思いました。


講演する鈴木せい子先生

休憩時間に著書にサインする鈴木せい子先生

 

========2015年7月18日(土)講演会報告終わり=========

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回の講演会の報告

 

2015年5月23日(土)

 

『健やかに老いるための時間老年学 ~生体リズムと子どもの生活習慣』

 

□講演概要

古来、時間は私たちのからだの中に、生体リズムとして存在していた。子どもの成長を促し、健康を維持し、老いのスピードを整え、病を予防し、健やかな長寿を得るために「生体リズムを整える方法」をお話しします。

 

□講師

大塚邦明氏

東京女子医科大学名誉教授

東京女子医科大学東医療センター前病院長

 

参加者 86名

 

参加者の年代構成

参加者の感想

アンケートに書かれた主な感想

 

 

 

・とてもわかりやすく拝聴できました。

 

 

 

・本を購入して、多方面の勉強をしたいと思わせてくださる内容でした。ありがとうございました。

 

 

 

・体内時計の大切さを改めて痛感しました。体内時計に合わせた生活の仕方等々具体的に講話いただきとても勉強になりました。

 

 

 

・「老年学」という言葉、語句、初めて知りました。地域によって医療が異なることも初めて知りました。日々、無意味に過ごしているため、参考になりました。講演会、女性参加者が多いのに驚きました。

 

 

 

・「体内時計」が乱れることによる健康障害が実に心当たりがあり、ためになりました。「認知症」も筋力の維持増強がキーポイントになるようで、実践したいと思いました。

 

 

 

・自分の年齢に合った体力の衰えに応じた説明を聞くことができた。

 

 

 

・勉強になりました。ただ、不眠症で(大塚先生のNHKの「健康ライフ」を聞いています)、TVの健康番組等で朝日を浴びてウォーキングをしたり、夕食後も歩き、1日1万歩は心がけていますが、なかなか改善できません。このことについて質問したかったのですが、勇気がありませんでした。

 

 

 

・我が人生の砂時計もあとわずか。毎日落ちる速さに驚愕しています。

 

 

 

・今年82歳、週に3回筋トレ講師で自治会館で実施しております(1回2時間)。また80~82歳で自治会班長をし、今年から2年甥のかわりに班長を行っております。元気に毎日を過ごせておりますが、本日の勉強で高齢者における認知症について知り、自分の生き方についてどう生きるべきか大変勉強になりました。今日この会に出席でき、ありがとうございました。

 

 

 

・大自然そのものが神様である。

 

 

 

・生体リズムが壊れる環境は、古い脳が傷つき、認知症になる可能性があるというサイクルがある…等々思い当たることが発見できて良かった。

 

 

 

・体内時計の大切さがよくわかった。

 

 

 

・眠りについてのお話との事で楽しみにして参加しました。私自身の生活を整えて加齢とともに良い睡眠をとりたいと思います。ありがとうございました。

 

 

 

・後半が時間が短くなってしまって残念でした。

 

 

 

・話題が多すぎたのでは?

 

 

 

・とても素晴らしかった。

 

 

 

・新鮮で楽しい内容でしたが、もっとゆっくりとするか、プリントの用意・内容を絞る等してほしいです。

 

 

 

・体内時計について大変参考になりました。心の時計(老化)についても興味あります。

 

 

 

・医者の研究成果を、発表的ではあったが内容は良かった。“時間が無く全てが活かせない”ことは問題ない。

 

 

 

・参考になりました(今後の日常生活について)

 

 

 

・内容がとてもよく勉強になりました。子育てをもう一度やり直したいと…孫育てに頑張ろうと思います。

 

 

 

・朝、太陽光にあたってから、朝食をとることの大切さがわかりました。今、単身赴任中なので、不規則になりやすいので、朝の生活をしっかりしたいと思います。

 

 

 

・睡眠がなぜ大切か、人間と宇宙の関係からわかりやすく深く教えていただきありがとうございました。三位一体のお話も興味深く、神様の造った生命の不思議を思いめぐらせました。

 

 

 

・最良の食事の時間(朝食と夕食の)、最良の運動をする時間帯を初めて知り良かった。

 

 

 

・体内時計が大切です。規則正しい生活・食事を大切にしたいと思いました。日光浴が必要と感じました。

 

 

 

・体内時計等をお聞きして、如何に大事かという事を知り、大変良かったです。質問に対しての解答なども参考になりました。

 

=======2015年5月23日(土)の講演会の報告終わり=======

 

最新更新年月日

 

2019年2月25日

■お勧めの本■

①本会関係者が出版した本

       患者の声を聞く

        みんなで紡ぐ

           医療の絆

②本会関係者が出版した本

    平和と国際情報通信

   -「隔ての壁」の克服

            amazon

      早稲田大学出版部

③本会関係者が出版した本

       患者と作る

    医学の教科書

            日総研

④本会関係者出版した本

    健康生活BOOK 

   生活習慣を見直そう

   ゆめすごろくBOOK